レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違い

医療用レーザーと脱毛サロンの光脱毛の違い

脱毛を考えたことがある人なら、どの脱毛を選べばよいのか悩んだ経験がお有りだと思います。サロンとクリニックのどちらに行ったらよいのか?そもそもサロンとクリニックの違い自体が分からないとか。。

・クリニックでできること
・サロンでできること
・金額
・効果

脱毛を考えるうえで気になるポイントはこの辺りではないかと思います、そこで気になる点について調べてみましたの参考にしてみてください。まずは医療用レーザー脱毛について説明してみます。

医療用レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛とは、特定の色(黒いメラニン色素)だけに反応するレーザーを使い、毛根を熱で破壊するものです。レーザーを皮膚にあてると、皮下の黒い毛に熱が吸収され、毛を伝って熱が毛包全体に広がります。そして、その熱が放熱し、毛を作っている皮脂腺開口部と毛乳頭に損傷を与えます。毛が再生できなくなるので、永久脱毛が可能です。

レーザー脱毛装置は医療機器です。法律で、医療機器は医師が扱わなければならないとされているので、レーザー脱毛は基本的にクリニックでしか受けられません。

レーザー脱毛の特徴まとめ

・出力が高い
・永久脱毛が可能
・価格が高い
・短期間で脱毛できる

次に脱毛サロンで扱われている光脱毛について説明します。

光脱毛の特徴

光脱毛は、メラニン色素だけに反応する特殊な光をあてて脱毛するものです。原理はレーザー脱毛と同じです。広範囲にまんべんなく当てられるのが特徴で、毛根を焼き切るようなイメージで脱毛していきます。毛を再生する部分には損害を与えません。エステサロンでは、医療出力に制限があるので、出力が低いため、皮膚へのダメージが少なく痛みをあまり感じませんが、定期的に何回も通わなければなりません。

光脱毛は、エステサロンで多く利用されています。実際に自宅用の機器も売られているくらいなので、資格がなくても誰でもだれでも扱えます。

光脱毛の特徴まとめ

・出力が低い
・毛は再生する可能性が高い
・価格が安い
・時間がかかる

光脱毛とレーザー脱毛の違い

「お医者さんの行う医療レーザー脱毛」と「エステサロンで行う美容ライト脱毛」は異なるものです。しくみ原理は基本的に同じですが最も大きな違いは「照射の出力パワーの差」です。お医者さんがいないエステサロンでは、何かトラブルが起こったときに対応が取れません。そのため出力の高い脱毛機器を使うことはできません。

細かい違いとしては、
① サロンでは毛乳頭・皮脂腺開口部を破壊しない。
② サロンでは、一時的な減毛・脱毛しかできない。
というものです。

毛乳頭・皮脂腺開口部は毛を再生するところです。ここを破壊しないということは、毛の再生があるということです。よって一時的な減毛・脱毛であり、永久脱毛はできません。これにはメリット・デメリットがあります。サロン・クリニックどちらにもいいところ悪いところがありますので、自分の求めているものに合わせて脱毛に行く場所を決めるのがよいかなと思います。

 

   

 - 脱毛の違いと特徴