一時脱毛について

一時脱毛のメリットとデメリットは?

脱毛には大きく分けて3種類あります。
(1)疑似脱毛
(2)一時脱毛
(3)永久脱毛

この3種類です。同じ脱毛という言葉を使っていますが、内容は全く異なります。ここでは(2)の一時脱毛に関して詳しく説明します。

脱毛とは、毛を取り除くことです。例えば髪の毛など、指でつまんでピッと引っ張れば、根元から抜けますよね?これを脱毛と呼んでいます。つまり、毛を根っこから引っこ抜けば、それは脱毛になる訳です。よくある方法は次の通りです。

毛抜きで抜く
ワックス
粘着テープ
光脱毛

上に書いた方法は、どれも違うように見えますが、「力任せに引っ張って毛を引っこ抜く」という点では一致しています。

毛が毛根にのこるから「一時脱毛」と呼ぶ

単に引っ張って抜いただけだと、なぜ永久脱毛にならないのでしょうか?
単に抜いただけだと、毛を作る細胞である毛乳頭や毛母細胞が皮膚に残ってしまうからです。そのため、しばらく時間がたてば毛が再生します。このように、力を込めて引っ張ってしまう脱毛だと、毛が無い状態が一時的にしか続きません。そのため、このような脱毛を一時脱毛と呼んでいます。

では、一時脱毛の効果はどの程度続くのでしょうか?毛の再生にかかる時間は、毛の生えている場所によるのですが、1カ月以上はかかります。毛の生えるスピードが1日0.2~0.3mmであることを考えると、一時的とはいえ、剃毛や上毛よりも脱毛の方が効果が長続きすることが分かります。

では一時脱毛にはどのようなメリットとデメリットがあるのかを、次で詳しく説明してみます。

一時脱毛のメリットは、毛を根元から抜いてしまうのできれいな状態が長続きすることです。

剃毛・除毛の場合は、皮膚の表面に突き出ている毛だけを取り除いています。そのため、皮膚のすぐ下には毛が残っています。毛は大体1日に0.2~0.3mmほど伸びるので、4日もすれば1mmぐらいは伸びてしまいます。

毛を抜いてしまえは、再び毛が生えてくるまでには1カ月以上の時間が掛かります。そのため、手入れをする回数を減らすことができます。人によっては、毎日カミソリで処理をしていると聞きます。肌へのダメージを考えると、そんなに頻繁に剃毛するのは避けたほうがよいので、脱毛のが方が良いと思います。

一番よくみられるデメリットは炎症を起こしやすい点です。

毛根は皮膚の下の方にある毛細血管から栄養を得ています。力を込めて毛を抜くと、皮膚の下の方に毛細血管がある層にまで、大きな穴をあけることになります。ここに雑菌が入り込んでしまうと、炎症を起こしてしまいます。これを毛嚢炎と呼んでいます。

毛嚢炎が出来ること自体は珍しいことではありません。男性の場合は、髭剃りを剃った後にポツポツと赤い点が出来る経験をしてる人が多いでしょう。これも毛嚢炎です。1つ2つ出来る程度であれば見栄えが悪い、気になる、ちょっと痛い、ぐらいの問題しかありません。

ただ、広い面積を脱毛して、そこが一辺に毛嚢炎になってしまうと大変です。痛みがひどいし、着る服も制限されてしまいます。脱毛した後は、皮膚を清潔に保つことが大切です。

次に挙げられるデメリットは埋没毛ができやすい

毛を抜いた後、再生するまでに1か月以上かかります。その間に、毛穴が閉じてしまうことがあります。そうすると、毛が再生して再び伸び始めても、出口が無いという状態になってしまいます。そうすると、毛は皮膚の中にとどまってぐるぐると渦を巻いたりしてします。

この状態になった毛を埋没毛と呼んでいます。埋没毛自体は特に害はありません。ただ、場所によっては、見栄えがかなり悪くなってしまいます。薄皮の下に毛があることはパッと見で分かります。ところが、表には出てきていない毛なので、どうにも処理が出来なくなります。

「気になるのだけど、処理できない」とうのは、意外とストレスがたまります。

   

 - 脱毛の違いと特徴